アベッラの考古地点

--------

主な歴史

アベッラは紀元前87年、市民戦争によって市民がローマに捕まり、サニティによって破壊されました。考古地点は、1979年に初めて見つけられ、ローマの皇帝によってその作業がなされました。最も重要なモニュメントは、1世紀の円形闘技場ですが、また送水路や埋葬地を見る事もできます。

アベッラのロンバルド城

小さな村は海上206メートルの場所にあります。阿部ら山脈の中央、クラニオ峡谷の左側に位置します。城はロンバルドの統治時代に戦力上重要な場所に建てられました。884年のサラチェンスの侵略から、937年のハンガリーの奪略まで、幾年にも渡り、アベラ城は沢山の歴史の紛争にさらされます。城の半分は崩壊し、要塞はノルマンにより再び建てられ、貴族の居住地へと姿を変えました。城は1456年の地震により再びダメージを受け、ピエトロスピネッリにより1551年に再び建てられます。しかし再建のため高額な費用がかかり、16世紀の終わりに放置されます。エルケムペルトの編集によるロンゴバルディの歴史に言及されています。グアイマロ1世と、ランドルフォ王子、敵が街を侵略した際に城に逃れたスエッソラノ王子に所持されました。今日私たちはその印象的な残骸、塔といくつかの壁を見る事ができます。

top

-

 

 


Discovery 発見

イルピニア城
城の遺跡
城の遺物
中世の街

考古地点
博物館
宗教的記念碑
邸宅、館

 

Language 言語

イタリア語
英語
ドイツ語
日本語

Fun & Cult 行事と文化活動

行事ごと
ビデオの展示

 

Keep in Touch コンタクト

Google Map グーグル地図
Mailing List メールリスト
Festivals 行事

Social ソーシャルネットワーク

フェイスブック
ツイッター
グーグルプラス
Blogspot
YouTubeページ1
YouTubeベージ2

Other その他

Campania 市街
Old Festivals 過去の行事
Links リンク

  • ゥ Copyright Since 2009 by Tina Rigione. All rights reserved. すべての著作権はティナ リジョーネにあります
  • Promotion 広告 | Consulting コンサルト | Events イベント | New Ideas 新しい情報
  • The Castelli d'Irpinia-Irpinia Castles-Schlösser von Irpinien words, the Castelli d'Irpinia logo and all marks related to Castelli d'Irpinia are protected by trade marks and/or copyright of Tina Rigione. No use for commercial purposes may be made of such marks and without the owner's prior written permission. Use of www.castellidirpinia.com signifies your agreement to the Privacy Policy, to the Copyright for texts-pictures-movies-translations and to the law of Trade Marks. イルピニア城の言葉、ロゴマーク、のコピーライトはすべてティナリジョーネにあります。 所有権者の承認なしで商業目的でつかうことは法律上で禁止されていますハ。www.castellidirpinia.com の翻訳、写真、イメージ、文章は著作権、プライバシーの法律上によって保護されています.
  • PATRONAGE 後援 | COLLABORATION コラボレーション | NOTES 注意事項 | SPONSOR スポンサー | PRIVACY プライバシー | LEGAL NOTES 法的注意事項 | MAILING LIST メールリストへの登録